うつ病で障害厚生年金3級を取得、年間約65万円を取得できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級
支給月から更新月までの支給総額: 約210万円

 

相談時の相談者様の状況

職場転属に伴うストレスにより、胃腸の調子が悪くなり、内科を受診。
同じ病院の精神科を勧められ受診しましたが、自分で気分を変えられるのではないかと通院はしませんでした。
しかし胃痛や頭痛不安感が治まらなかった為他の病院を受診しうつ病と診断されました。
現在も通院し薬物療法を続けていますが、症状は改善せず他の人と交流することなく一日の大部分を車の中で過ごしています。

 

相談から請求までのサポート

初診からの期間2年分を遡って請求したしました。

 

結 果

障害厚生年金3級を取得、年間約65万円2年間の遡りの約100万円を受給されました。

渡辺社労士より一言

最初にお会いしたときは会社を退職された直後の為か職場でのストレスの後遺症が  色濃く現われていました。
障害年金を受給しながら、ゆっくりと療養していただきたいと思います。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例