人工透析(糖尿病性腎症)で障害厚生年金2級を取得、年間約160万円を受給できたケース

相談者

男性(50代/会社員)
傷病名:糖尿病性腎症
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級
支給月から更新月までの支給総額: 約600万円

 

相談時の相談者様の状況

5年ほど前から熱い物を食べると胃にしみるようになり、胃腸科を受診。
胃がんと診断されました。
手術前の検査で糖尿病を指摘され降圧剤を処方されて管理をしていました。
しかし徐々に腎機能の数値は悪化していき、現在は末期腎不全と診断され週2回の人工透析をうけています。

 

相談から請求までのサポート

初診は胃がんの為でしたが、その時に発見された糖尿病がその後重くなり人工透析を 必要とするまでになってしまった為、事後重症という形で年金請求をいたしました。

 

結 果

障害厚生年金2級が認められ、年間約160万円を受給されました。

渡辺社労士より一言

当初は週2回の透析でしたが、間もなく3回になるとのことでした。
勤務時間の制約が大きくなり、役職も降格になり収入減になってしまったため障害年金を受給できたことが心強く思われたとのことです。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例