うつ病で障害厚生年金2級を取得、年間約130万円を受給できたケース

相談者

男性(40代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 3級

 

相談時の相談者様の状況

自宅にて突然胸の痛みが発生し、肺気胸を起こしました。。また同時期にパニック発作も起こした為精神科を受診。
うつ病と診断されました。会社を退職し月2回の通院で治療を続けていますが、不安、不眠、抑うつ気分といった症状は 改善せず、部屋に閉じこもり一日中横になっている生活です。
現在は日常生活の大部分をお父様に援助してもらっています。

 

相談から請求までのサポート

初めに現われた体調の不良は肺気胸や胸やけといったものでした。
当時の記録が残っていなかったので、「受診状況等証明書が添付できない申立書」を作成いたしました。 長年同じ会社に勤務し続けていたため、初診日は問題なく認定されました。

 

結 果

障害厚生年金2級が認められ、年間約130万円を受給しました。

渡辺社労士より一言

温厚で真面目な方で診断書等の書類取り寄せにも大変協力的でしたが、かなり無理をされていたように思います。
障害年金を受給しながらゆっくりと療養していただきたいと思います。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例