反復性うつ病性障害で障害厚生年金2級を取得、年間約80万円を受給できたケース

相談者

男性( 40代/会社員)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 3級

 

相談時のご相談者様の状況

過労から不眠、判断力低下、意欲低下といった症状が発生した為、双極性感情障害と診断されました。
会社を休職し投薬治療を続けましたが症状は改善しませんでした。
その後無理をしながら仕事を続けていくうちに自殺願望が現われ入院治療を要するようになってしまいました。
現在は休職し、週1回の通院治療を続けていらっしゃいます。

 

相談から請求までのサポート

頑張って無理を続けた結果とても症状が重くなりつらそうなご様子でした。
メールも活用し、負担の少ない形でカウンセリングを行いました。

結果

障害厚生年金3級を取得、年間95万円を受給されました。

渡辺社労士より一言

まだお子様も小さく休職が続いている状態で将来への不安を強く抱いているご様子でした。
しばらくは障害年金を受給しながら療養し、社会復帰されることを祈っております。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例