うつ病で障害基礎年金1級を取得、年間約100万円を受給できたケース

相談者

女性 (20代/無職)
傷病名:うつ病
決定した年金種類と等級:障害基礎年金 1級
支給月から更新月までの支給総額: 約160万円

 

相談時の相談者様の状況

 大学時代に体が疲れやすく、休みがちになってしまい、原因不明の微熱にも悩まされ内科を受診。いくつか病院をかえて診察を受けても原因はわからずそのうちに全身に痛みが走り筋肉に力が入らず歩行困難になるといった症状が現われ始めました。症状が改善せずうつ症状が現われたため、心療内科を受診したところ「繊維筋通症とうつ病」と診断されました。歩行困難の為車いすを使用しながら通院していますが、気分の落ち込み、意欲低下といった症状に加え、幻覚症状にも悩まされています。本人が通院できずお母様が代わりに病院へ通院されることもあるようです。

 

相談から請求までのサポート

最初の症状が体のだるさ、微熱といったものでしたので、初診は内科でした。 体調の悪いご本人様に代わりお母様に丁寧に聞き取りを行い転院歴を追いながら 「病歴状況等申立書」を作成いたしました。

 

結 果

障害基礎年金1級を取得、年間で約100万円が支給されました。

渡辺社労士から一言

ご本人は症状が重く外出困難な為初回の面談から裁定請求手続きの完了まですべてお母様と  連絡を取り合いながら進めていきました。ご家族の協力はとても重要です。

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例