双極性感情障害で障害厚生年金2級を取得、年間約180万円を受給できたケース

相談者

女性(30代/無職)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 2級
遡及決定: 約300万円

相談時の相談者様の状況

3年ほど前に過呼吸とイライラ感を感じ、精神科受診。パニック障害として通院服薬をしていました。
その後全身の痛みが強くなり、繊維筋痛症と診断されますが、不眠、不安、気分の落ち込みといった症状が現われ始めて双極性感情障害と診断が変更されました。
現在は勤めていた会社を退職し、夫と3人暮らしの自宅を離れて実家に戻り月2回の通院による投薬治療を続けています。

 

相談から受付までのサポート

小さなお子さんがいらっしゃる中、抑うつ気分や不安、不眠症状が続き家で一日中横  になっている日が続いていらっしゃいました。身体の負担にならないようご家族の協力  の元手続きを進めていきました。

 

結 果

障害厚生年金2級(年間約180万円)が決定、1年半の遡りで約300万円を受給されました。

渡辺社労士より一言

相談日には母親と一緒にご来所されました。精神疾患だけでなく繊維筋痛症も患っており、心身ともに大変なご様子でした。
今回は精神疾患のみでの請求でしたが、繊維筋痛症の方も悪化してくるようでしたらしっかりとサポートしてあげようと思っています。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例