双極性感情障害で障害厚生年金3級を取得、年間約60万円を受給できたケース

相談者

男性(30代/会社員)
傷病名:双極性感情障害
決定した年金種類と等級:障害厚生年金 3級
支給月から更新月までの支給総額: 約100万円

 

相談時の相談者様の状況

2年ほど前にめまい、吐き気、頭痛が発生し受診。耳鼻咽喉科でめまい症の検査を受 け、脳神経外科では緊収縮性頭痛、うつ病の疑いと診断されました。以前から職場の 人間関係に悩んでいたこともあり気分の落ち込みが激しかった為しばらくして会社 を退職。診療内科で治療を続けています。
現在は頻繁に起こるめまい、頭痛の為に落ち込んだりイライラしたりといった激しい 気分変動の症状に悩まされています。このため双極性感情障害の診断をうけました。

 

相談から請求までのサポート

始まりがめまいや風邪のような症状であっても、実は心の問題が原因としてあるとい うことはよくあります。
初診はどのような症状で検査を受けたのか等丁寧に聞き取りながら 「病歴状況等申立書」を作成していきました。

結 果

障害厚生年金3級を取得、年間60万を受給されました。

渡辺社労士より一言

当初は自分で手続きを進めようとされたそうですが、体調が思わしくなく自分自身で の手続きは困難と判断し、当事務所に相談に来られました。
こちらで手続きを進めることになったため安心して療養に専念していただくことが できました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例